目のかすみに気づいたら

メンズ

進行の予防と対策方法

本を読んでいると目がかすむ、小さい文字を見るのが苦痛になってきた、そんな場合には老眼の可能性を、チェックする必要があるかもしれません。老眼は高齢者がなるもの、というイメージがありますが、実際には個人差が大きく、30代後半に、症状が現れる人もいます。もしかしたら老眼が始まったのかもしれない、そう感じたのなら、早めにチェックをして、対策をしましょう。近くのものが見えづらい、本や新聞を読んでいる際、無意識に身体から離してしまう、というのも、老眼の予兆です。見えづらい状態を放置していると、肩こりや頭痛が生じ、眼精疲労を悪化させてしまう可能性もあります。普段の生活の中で、老眼の予兆がないかどうかをチェックし、複数当てはまるようであれば、眼科医に相談をした方が良いでしょう。老眼は誰にでも起こりうる症状であり、現時点では兆候がなくても、年齢を重ねていくといずれは症状が発生すると考えられます。40代を過ぎたら、定期的に目の健康を、医療機関でチェックしてもらうのも良い方法です。眼精疲労を放置し、対策を行わずにいると、老眼の症状が進行しやすくなるといわれています。目の疲れに気がついたら、遠くを見るようにし、なるべく休ませるようにして、いたわってあげることも大切です。目の疲れを癒やし、視力低下を防ぐためには、眼筋のトレーニングも効果的だといわれています。目の健康をしっかりケアして、できるだけ長く視力を保ちましょう。

PICK UP

男女

加齢による目の衰え

加齢とともに目の機能も衰えていきますが、老眼も多くの人が悩む症状です。チェック方法としては新聞や本の文字が見えにくくなった、夕方に見えにくい、メールの打ち間違いが増える、目の疲れ、肩こりがひどくなるなどがあげられます。

詳しく見る

男女

文字がかすんで見える

結局のところ、老眼は自己チェックするだけで判断してはいけません。それに老眼だと判断した時点で眼科に行くと老眼予防を行うことができます。そして、予防を行うことで進行をある程度抑えることができるでしょう。

詳しく見る

読書

年を取ると字がぼやける

小さな文字が見えなくなったり、近くが見えにくくなったりぼやけたり等の症状が頻繁にあれば、老眼かどうかのチェックが必要です。特に病院ででの老眼のチェックでは、白内障等の他の目の病気を発見できるために有益です。

詳しく見る

男の人

近くの物が見えにくい

年を取って近くの物が見えにくいと感じたら、眼科医で老眼のチェックを受けることが大切です。白内障や緑内障などの病気がないか確かめ、正確な視力を測定することができます。予約を取っておくとスムーズに検査できます。

詳しく見る