文字がかすんで見える

男女

気になったら確認しよう

文字がかすんで見えると感じたら老眼を疑ってみるべきです。自分はまだ、大丈夫だと考えていても目も段々と老化していくからです。最近では自分が老眼かどうかチェックすることができます。しかも、チェックする方法はとても簡単です。もしかしたらと思ったら早速、チェックしてみたらいいかもしれません。確認して自分が老眼だと気づいたら今度は対処法を考えましょう。現在、老眼は治すことはできなくても進行を遅くすることができます。なので自己チェックだけでなく眼科でも検査すべきです。それは進行を遅らせるためには専門家の指導が必要だからです。他にも老眼かどうかもはっきりさせることもできます。ただ、老眼だと考えていた症状が実は別の病気が原因だったということもあります。ちなみに別の病気だった場合、最悪なのは視力を失ってしまうかもしれません。または命にかかわる病気かもしれません。だからこそ余計に眼科を受診した方がいいでしょう。それに眼科に行けば自分の老眼の進行状態がはっきりします。眼科では単なるチェックとは違い、いろんな検査で老眼か否かを判断します。一番、気になるのは検査にどれだけの費用がかかるかでしょう。それにどの程度、保険で負担できるかでも必要な金額が違います。結局、検査をどこまでやるかで変化します。なので、検査を行う時には事前に眼科とどの程度の検査で済ませるか確認しておきましょう。それに違和感を覚えたらチェックすることは老眼予防にも役立ちます。

PICK UP

男女

加齢による目の衰え

加齢とともに目の機能も衰えていきますが、老眼も多くの人が悩む症状です。チェック方法としては新聞や本の文字が見えにくくなった、夕方に見えにくい、メールの打ち間違いが増える、目の疲れ、肩こりがひどくなるなどがあげられます。

詳しく見る

男女

文字がかすんで見える

結局のところ、老眼は自己チェックするだけで判断してはいけません。それに老眼だと判断した時点で眼科に行くと老眼予防を行うことができます。そして、予防を行うことで進行をある程度抑えることができるでしょう。

詳しく見る

読書

年を取ると字がぼやける

小さな文字が見えなくなったり、近くが見えにくくなったりぼやけたり等の症状が頻繁にあれば、老眼かどうかのチェックが必要です。特に病院ででの老眼のチェックでは、白内障等の他の目の病気を発見できるために有益です。

詳しく見る

男の人

近くの物が見えにくい

年を取って近くの物が見えにくいと感じたら、眼科医で老眼のチェックを受けることが大切です。白内障や緑内障などの病気がないか確かめ、正確な視力を測定することができます。予約を取っておくとスムーズに検査できます。

詳しく見る