加齢による目の衰え

男女

近くのものが見えづらい

加齢とともに目の機能は衰えていきますが、老眼が進んできたのではと感じている人もあるのではないでしょうか。老眼は眼科で検査をしてもらえば正確な視力を測定できますが、自宅でも手軽に行えるチェック方法がありますので、まずは試してみてはいかがでしょうか。老眼のサインとしては、小さな文字が見えにくくなるということがあげられます。さらに近くで見るより、少し離したほうが新聞や本の文字が見やすい傾向にあります。このほかのチェック方法としては夕方の見え方に変化が出るということがあげられます。夕方になると、昼間のようにはっきり見えず、見えにくくなるという場合は老眼が進んでいる可能性があります。このほかではメールを打つ際に打ち間違いが増えた、目の疲れや肩こりがひどくなるという変化が出てくることもあります。自宅で老眼のチェックを行うなら、まずは指先を使ったチェック方法がおすすめです。まず、人差し指を目の前にかざし、人差し指を少しずつ遠ざけていきます。そして指紋がはっきりと見えるところでストップしますが、このときに顔から30センチ以上の距離となっていると老眼が進んでいるということがわかります。老眼は中年期以降になるというイメージがありますが、最近はスマートフォンの普及もあり、若い世代にもスマホ老眼と呼ばれる症状に悩む人が増えています。放置していると悪化してしまう可能性がありますので、年齢にかかわらず、見えづらい、目が疲れると感じた場合はチェックを行ってみることがおすすめです。

PICK UP

男女

加齢による目の衰え

加齢とともに目の機能も衰えていきますが、老眼も多くの人が悩む症状です。チェック方法としては新聞や本の文字が見えにくくなった、夕方に見えにくい、メールの打ち間違いが増える、目の疲れ、肩こりがひどくなるなどがあげられます。

詳しく見る

男女

文字がかすんで見える

結局のところ、老眼は自己チェックするだけで判断してはいけません。それに老眼だと判断した時点で眼科に行くと老眼予防を行うことができます。そして、予防を行うことで進行をある程度抑えることができるでしょう。

詳しく見る

読書

年を取ると字がぼやける

小さな文字が見えなくなったり、近くが見えにくくなったりぼやけたり等の症状が頻繁にあれば、老眼かどうかのチェックが必要です。特に病院ででの老眼のチェックでは、白内障等の他の目の病気を発見できるために有益です。

詳しく見る

男の人

近くの物が見えにくい

年を取って近くの物が見えにくいと感じたら、眼科医で老眼のチェックを受けることが大切です。白内障や緑内障などの病気がないか確かめ、正確な視力を測定することができます。予約を取っておくとスムーズに検査できます。

詳しく見る