費用がほとんどかからない

女性

病院でも眼鏡店でもOK

老眼は、40歳を過ぎた頃から症状が出始めることが多いですが、最近は20代や30代と言った若い世代の人が老眼になるケースも増えてきました。これは、スマートフォンやパソコンの画面を毎日長時間見続けることが原因と考えられています。他の病気と同じように、老眼の治療においても早期発見、早期治療が原則です。発見が遅れてしまうと、それだけ治療が難しくなり、また治療に要する費用もかさむことから、できるだけ老眼の症状が出始めた初期段階での発見が望ましいとされています。スマートフォンを使用頻度の多い若い人のなかには、医療機関や眼鏡店などで老眼のチェックを受ける人が増えてきました。老眼のチェックが人気となっている理由として、費用が安いことがあげられます。眼科のクリニックで老眼のチェックを受けると、保険が適用されるため自己負担額として約3割の費用を支払うだけですみます。眼鏡店でのチェックは、そのお店で老眼鏡を作ることが前提となるので、費用は無料です。さらに、有料でより詳しい検査ができる眼鏡店もあります。眼鏡店でのチェックは、店の営業時間内なら予約なしで受けられるため、より気軽に利用できるのが魅力です。老眼のチェックを受けて、早期に発見できれば、症状の進行を遅らせたり、水晶体の機能を回復させたりする対策をとることができるため、以後の人生において老眼の悩みから解放されることにつながります。体力と同じように、目もしだいに衰えてくるので、計画的に目の健康を維持するようにしましょう。

PICK UP

男女

加齢による目の衰え

加齢とともに目の機能も衰えていきますが、老眼も多くの人が悩む症状です。チェック方法としては新聞や本の文字が見えにくくなった、夕方に見えにくい、メールの打ち間違いが増える、目の疲れ、肩こりがひどくなるなどがあげられます。

詳しく見る

男女

文字がかすんで見える

結局のところ、老眼は自己チェックするだけで判断してはいけません。それに老眼だと判断した時点で眼科に行くと老眼予防を行うことができます。そして、予防を行うことで進行をある程度抑えることができるでしょう。

詳しく見る

読書

年を取ると字がぼやける

小さな文字が見えなくなったり、近くが見えにくくなったりぼやけたり等の症状が頻繁にあれば、老眼かどうかのチェックが必要です。特に病院ででの老眼のチェックでは、白内障等の他の目の病気を発見できるために有益です。

詳しく見る

男の人

近くの物が見えにくい

年を取って近くの物が見えにくいと感じたら、眼科医で老眼のチェックを受けることが大切です。白内障や緑内障などの病気がないか確かめ、正確な視力を測定することができます。予約を取っておくとスムーズに検査できます。

詳しく見る