年を取ると字がぼやける

読書

小さな字が見えない

文字を読みにくくなった、近くが見えなくなった場合には老眼のチェックをしてみましょう。本の読み過ぎやテレビ等を長く見ていると老眼と同じような現象が起きるために、見えにくくなった原因が老眼のせいかどうか見極めることは大事です。PCを長時間使う事が疲れの原因だったり、スマホの多用で目を酷使して疲れたりする場合は、定期的に目を休ませるといった事が必要になってきます。目が疲れていない時にPC等の文字を大きくしないと見えづらくなった、新聞を前より離さなければ読めない等の状況になるといった事が続けば、老眼を疑ったほうが良いでしょう。老眼は、加齢によって目のピント調整が出来にくくなる事が原因で起きるので、近視であってもならないわけではありません。むしろ、正常な人の場合は発見が早く、近視の場合は発見が遅くなる場合が多いですから、近くが見えづらくなった場合は早めにチェックする方が良いでしょう。眼鏡やコンタクトをしている場合には、定期的に眼鏡等が自分に合っているかどうかのチェックも大切です。近視以外の人は老眼鏡を使用するのが一般的ですが、近視の場合は遠近両用メガネを使う事も選択肢の1つです。老眼になると近くのものが見えにくくなるばかりでなく、頭痛や肩こり等を伴うこともあるので注意してください。また、50歳以上や老年期に入ると白内障等の目の病気にもかかりやすくなる場合もあるので、病院でチェックする事は大事になってきます。

PICK UP

男女

加齢による目の衰え

加齢とともに目の機能も衰えていきますが、老眼も多くの人が悩む症状です。チェック方法としては新聞や本の文字が見えにくくなった、夕方に見えにくい、メールの打ち間違いが増える、目の疲れ、肩こりがひどくなるなどがあげられます。

詳しく見る

男女

文字がかすんで見える

結局のところ、老眼は自己チェックするだけで判断してはいけません。それに老眼だと判断した時点で眼科に行くと老眼予防を行うことができます。そして、予防を行うことで進行をある程度抑えることができるでしょう。

詳しく見る

読書

年を取ると字がぼやける

小さな文字が見えなくなったり、近くが見えにくくなったりぼやけたり等の症状が頻繁にあれば、老眼かどうかのチェックが必要です。特に病院ででの老眼のチェックでは、白内障等の他の目の病気を発見できるために有益です。

詳しく見る

男の人

近くの物が見えにくい

年を取って近くの物が見えにくいと感じたら、眼科医で老眼のチェックを受けることが大切です。白内障や緑内障などの病気がないか確かめ、正確な視力を測定することができます。予約を取っておくとスムーズに検査できます。

詳しく見る